003思い出

デリヘル初出勤の思い出。
緊張しながらもお客さまの元へ。
「はじめまして、ヨロシクお願いします」って
顔を上げると、ヒゲが似合うナイスなおじ様。
何だか私がしてあげる方なのに初めて会う人と
いろんな事するんだって考えてたら、
私の方が先に濡れちゃってました。
なんか私イヤらしい
恥じらいながらも服を脱ぎ脱ぎしてると
お客様が「緊張しなくていいからねっ」って言ってくれて
「知らない人と今からHな事をとか」、「喜ばせなくっちゃ」
「頑張らなきゃ」って勝手にプレッシャー感じて
何だか頭の中真っ白になっちゃって。
ベッドに押し倒して、おじ様のズボン剥いで、アソコに
むしゃぶりついてた。同時に舐めて欲しくって
勝手にシックスナイン。
いつの間にか私、本気モードになってた。
おじ様が私の耳元でささやくたびに「キュンッ」て濡れちゃって
シーツがぐっちょり濡れてた。
おじ様のクンニが上手で、2回ぐらい逝っちゃった。
その後、私のぎこちないフェラでなんとかイってくれました。
初出勤、デリ嬢デビューで
素敵なおじ様にあたらせてくれた
お店の店長、スタッフの皆様に感謝しています。
きっと、あのおじ様が荒っぽくて乱暴なお客さんだったら、
即辞めてたと思う。
今はやりがい感じてます♪

あと、北九州のデリヘル風俗情報サイト デリエッチ北九州も新人情報でピックアップしてくれて感謝してます。