016恋愛と性欲

『恋愛』という感情は、今日までも謎に満ちています。
福島 デリヘル デリエッチ福島
の女の子に、いつもときめいてしまうので、
ちょっと『恋愛感情』について、調べてみました。
あるサイトに載ってあった仮説には、
『恋愛感情とは、交配と生殖のために進化した、
脳の3つの原始的ネットワークの1つ』としています。
その3つとは、『性欲』『恋愛感情』『愛着』であり、
これらが脳内で相互作用的に、または独立的に働いている、
というものです。
恋に落ちると愛する人を一心に思い、周りが見えなくなったり、
眠れなくなったり、食欲がなくなることもあります。
しかし、エネルギーに満ちて、
愛する人を新鮮でたぐいまれな存在と考えるようになり、
逆境に遭うと、更に情熱が高まったりすることもあります。
こういった恋愛感情を生じさせる脳内の特定の化学物質に、
『ドーパミン』『ノルエピネフリン』『セロトニン』の3つです。
ドーパミンとノルエピネフリンの分泌量の増加により、
動機と目的思考の行動が生み出され、エネルギッシュになり活動的になり、
これら2つの分泌量の増加に反して、セロトニンは減少します。
強迫観念を抱いてると状況が、減少の原因だそうです。
そして性欲ですが、これの高低をコントロールするホルモンは、
『テストステロン』と言われる物質です。
男性では視覚的刺激が、女性ではロマンティックな言葉やイメージが、
一般的にテストステロンの分泌を促します。
そして、もっとも恋に落ちた人間は性的衝動を刺激されます。
生理学的に、恋愛感情に深く関わるドーパミンの分泌量が、
テストステロンの分泌量と相関関係にあることが観察されています。
だから逆もしかり。性欲から始まる恋もあるということです。
激しい恋愛感情は、一般的に長く続きません。
それは時間を経て、心地よさ・安心感といった『愛着』へと変化。
その時に分泌される物質が、『パゾフレシン』と『オキシトシン』。
ドーパミンとテストステロンの分泌がこの2つの分泌を刺激しますが、
その2つの増加により、ドーパミンとテストステロンが減少していく。
つまり、『愛着を生み出す化学物質が、
恋愛や性欲を生み出す化学物質を鎮静化させてしまう』ということです。
要約すると、『性欲』『恋愛感情』『愛着』の間には深い関係があって、
それがどのように関係し合うかで決まる、としています。
つまり、『恋愛関係を意志の力で何とかしようとすることは、
結局は無益なこと』ということになります。
ここまで書いといてなんですが、
“ロマン”がなくて、なんだかなぁと思います。